シリコンのインプラントをしたら

シリコン製のインプラントを埋め込んだ時、「ガムを噛むことが出来るか」といった意見が聞かれることがあります。このような質問は、かつて入れ歯をつけていた際に、食べるものを制限されたことで聞いてくるケースが多い模様です。結論としては、シリコン仕様のインプラントを装着しても、ガムを噛むことが出来ます。入れ歯の場合、手入れの際に取り外しを余儀なくされるので、噛む行為を繰り返すごとに口腔内に違和感を感じてしまいます。そのため、特定の食べ物を摂ることが出来なくなり、健常者と比べて不自由な体験を得ることを強いられてしまうのです。

インプラントならガムを噛める

入れ歯やブリッジの場合、餅などのような粘り気のある食品を口にすると装着部分が外れてしまうというデメリットがありますが、その点インプラントなら餅やガムを噛むことが可能になります。そもそも入れ歯やブリッジは、歯茎に固定されていない上に他の歯を犠牲にして成り立っているという特徴があり、ネバネバした食べ物は噛みにくいという弱点があります。一方、直接歯茎に埋め込む治療をした歯は、何でも噛むことができるので注目です。このように、ブリッジ及び入れ歯では餅などを食べると取れてしまいますが、インプラントならガムさえも噛むことが可能になると言えるでしょう。

↑PAGE TOP